×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ベトナムの基本情報、人口から文化までさらっと押さえよう    10分で分かる!投資する前に知っておきたいベトナムの歴史
ホーム>社会主義=独裁?「正しい」社会主義はベトナムに!


当サイトは情報提供が目的であり一部主観及び意見が含まれている場合があります。当サイトの情報に基づいて被ったいかなる
損害についても一切の責任を負いかねます。投資判断は他の資料なども参考にしてご自身でなされるようにお願いします。
当サイトの内容の無断転載・使用は禁止いたしております。/Copyright (c) ベトナム株の掟 2005 All rights reserved
ベトナムは、「ベトナム社会主義共和国」という国名から分かるとおり、社会主義の国です。
社会主義という言葉を聞くと、みなさんはどのような想像をするでしょうか?
おそらく、多くの人が「少数の上位の人が得をして、一般市民が苦しむ社会」、「独裁」、
「遅れている社会体制」など、あまりいいイメージは持っていないと思います。

そもそも社会主義は、資本家が労働階級を酷使し、
一般大衆が悲惨な生活を強いられるという、資本主義の悪い面を解決するために登場しました。
つまり、誕生したときには、一般大衆は社会主義に多くの期待を寄せていたのです。
しかし、ソ連や中国、北朝鮮など、社会主義は一様にして悪いイメージが持たれています。
この理由は、社会主義がこれらの国で、特定の個人だけが強大な力を持つ、
独裁国家としての体制を維持するために用いられたからです。
経済的平等の実現を目指すどころか、資本主義の悪いところが全面に出ているような状態ですよね。
間違えてはいけないのは、社会主義自体は必ずしも悪いものではないということです。

ベトナムの社会主義は、1900年にわたる中国の支配、
100年にわたる植民地支配と長い間虐げられてきたベトナムが、
独立と自由を勝ち得るために用いた制度です。
ベトナムの社会主義も、ベトナム共産党の一等独裁ではありますが、
それはスターリンやブレジネフ時代の旧ソ連や文化大革命時代の中国、
今日の北朝鮮のように、特定の個人だけが強大な力を持つ独裁国家ではありません。

ベトナムでは、建国以来、地域や民族のバランスを考え、第一書記(共産党トップ)、
評議会議長、首相に権限を分散させ、3人体制で組織を運営するトロイカ体制を保持しています。
この3つの要職には、北部・中部・南部から一人ずつ採用して
権力が一定の地域やグループに集中しないようにしています。
このようにベトナムの指導部は、「権限の平等」、それに加えて「富の平等」を重視しているのです。
例えば、農村の場合、一定基準以下の「貧困村」については、
資金を重点的に投入して水道などのインフラを整備したり、援助を行ったりしています。
以前はどの省にも15〜20%程度は貧困層がいましたが、現在ではかなりの改善を見せています。
また、個々人のレベルで「富の平等」の意識が根付いていることも、ベトナムの特徴です。
まとめノート
・社会主義は、経済的平等を目指すものであり、それ自体が悪いものではない
・第一書記、評議会議長、首相の3人体制で、権限分散
・北部・中部・南部から一人ずつ採用して権力を特定のグループに集中させない
・貧困層には資金を重点的に導入し、富の平等を目指す
ホーム
社会主義=独裁?「正しい」社会主義はベトナムに!

【 ベトナム株の掟 】 〜新興国投資に挑戦しよう!〜