×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

電力業界    飲料業界
ホーム>石油・ガス業界


当サイトは情報提供が目的であり一部主観及び意見が含まれている場合があります。当サイトの情報に基づいて被ったいかなる
損害についても一切の責任を負いかねます。投資判断は他の資料なども参考にしてご自身でなされるようにお願いします。
当サイトの内容の無断転載・使用は禁止いたしております。/Copyright (c) ベトナム株の掟 2007 All rights reserved

 ペトロリメックスガス株式会社  [銘柄コード:PGC、市場:ホーチミン]
ベトナムにおける3大LPGガス販売会社の一角で、同社の市場シェアは18%です。
液体石油ガスの輸出入・販売、倉庫業、運送業、資材・部品の販売、
ガス関連の投資コンサルティング・技術移転・保守・修理、貿易サービスなどを行っています。
親会社はベトナム石油総公社で、子会社は5社あります。
同社の商標および製品の品質は、国内市場で信頼されており、
また、世界LPガス協会、ベトナム陶磁器協会に、ガス業界の中で唯一加盟しています。
ベトナムのLPガス需要は急速に増加しており(1999年〜2003年における平均成長率は約40%)、
比較的大きなシェアを占めているのは強みとなります。
ただ、現在、ベトナムでLPガスを生産できるのはペトロベトナムガス社のみで、
国内需要の全てに応えることが出来ない状況にあります。
そのため、LPガス販売業者は輸入に頼らざるを得ず、
買入価格を主体的に決定することができないという弱みもあります。
また、ガス価格は原油の国際価格の変動に影響されるので、
今後、原油が高くなれば、ガス価格も上昇し、コストが増加することが考えられます。

 資材・石油株式会社  [銘柄コード:COM、市場:ホーチミン]
ガソリン・石油・オイル・ガス・ガソリンスタンド用設備・トラックの輸出入、オフィス・倉庫・住宅の賃貸、
洗車サービス、運輸サービス、飲食サービス、消防設備の設置などを行っています。
ホーチミン市の主要道路沿いの便利な位置に31か所のガソリンスタンドを持っており、
自社タンクローリーがあるため、ガソリンスタンドへの供給を主体的に実施することができます。
今後は、供給源の安定と外国への販売を視野に入れ、ドンナイ省で容積4万400立方メートルの
石油タンクと2万5,000重量トン級船舶の接岸が可能な埠頭(波止場)の建設を予定しています。
また、ドンナイ省でガス・オイルなどの生産工場を建設する予定です。
ホーチミン市を含む南東部の市場は、発展の可能性を秘めており、
国際間の交通拠点として周辺諸国に市場を拡大する可能性があります。
ベトナムでは製油所の建設が進んでおり、近い将来、国内産のガソリン・石油を
直接買い入れることができるようになりますが、国内需要を満たすためには、
石油類の輸入を引き続き行う必要があります。
近年、国際市場における原油価格の変動は激しく、輸入石油類の価格も高騰しているので、
輸入業者や販売代理店にも影響を及ぼしています。
ホーム
石油・ガス業界

【 ベトナム株の掟 】 〜新興国投資に挑戦しよう!〜