×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホーム>メディア掲載歴


当サイトは情報提供が目的であり一部主観及び意見が含まれている場合があります。当サイトの情報に基づいて被ったいかなる
損害についても一切の責任を負いかねます。投資判断は他の資料なども参考にしてご自身でなされるようにお願いします。
当サイトの内容の無断転載・使用は禁止いたしております。/Copyright (c) ベトナム株の掟 2007 All rights reserved

・207/10/1
ヤフーPR企画・月刊チャージャー10月号の
ビギナーの投資初体験を専門家が検証する」で投資について解説しています。

・2007/9/19
投資家としてeワラントについて取材を受け、
¥en.SPA!に掲載されました。

2007/9/1
ヤフーPR企画・月刊チャージャー9月号の
サラリーマンにとって投資とは?!」で投資について解説しています。


・2007/6/4
投資家としてeワラントについて取材を受け、
¥en.SPA!のeワラント特集(特別付録)に掲載されました。

・2007/3/23
テレビ東京の
WBS(ワールド・ビジネス・サテライト)のVISTAなどの新興国特集で、
セミナーの参加者としてインタビューを受け、コメントがVTRで流れました。


・2007/3/16
中日新聞から、ライブドア事件の判決についての意見を求められ、
起業家の見解として掲載されました。

・2007/3/2
投資家としてeワラントについて取材を受け、
¥en.SPA!のeワラント特集に掲載されました。

・2007/2/28
中日新聞から、中国発の世界同時株安についての意見を求められ、
投資家の見解として掲載されました。

・2007/1/22
2007/1/29発行の
AERAに(No.4)に掲載されました。
「恥ずかしくない金儲け」(P33〜35)に写真つきで載っています。

・2006/6/6
中日新聞に掲載されました。

・2005/7/25
中京テレビさんから投資家として密着取材を受け、「ニュースプラス1」で放送されました。
株の特集だったのですが、私は中国株を中心にまとめられました。
偶然、人民元切り上げのニュースが流れている時に収録があり、驚きました。
ホーム
ベトナム経済
チャイナ・リスクを分散し、ベトナムへ進出する世界の企業

WTO加盟は、貿易促進&所得UPの効果あり

ベトナムの成長率は、中国・インドに負けていない!

世界の工場になる条件、安価な労働力は魅力的

教育水準が高いのは、経済が成長する条件の一つ
メディア掲載歴

【 ベトナム株の掟 】 〜新興国投資に挑戦しよう!〜