×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

地理的要件  ヨーロッパの国であること
政治的・法的要件  法治国家、民主主義、基本権および人権の保護、
 また、少数派の保護を保障する安定した制度を有すること
経済的基準  市場経済が機能していること、EU内の競争力と市場力に耐えうること
EC法の総体系の受容  EUの政治目標と経済・通貨同盟の目標に従い、
 また、EC法の体系を受け入れうること
アパルトヘイト撤廃で経済規模が拡大する南アフリカ    雇用環境と生活水準が向上しているアルゼンチン
ホーム>EU加盟を通じて、成長が期待されるトルコ


当サイトは情報提供が目的であり一部主観及び意見が含まれている場合があります。当サイトの情報に基づいて被ったいかなる
損害についても一切の責任を負いかねます。投資判断は他の資料なども参考にしてご自身でなされるようにお願いします。
当サイトの内容の無断転載・使用は禁止いたしております。/Copyright (c) ベトナム株の掟 2007 All rights reserved

 基礎データ













 EU加盟を目指す!
はるか昔、貿易の中継地点としてオスマントルコ帝国が繁栄したように、
欧州と中東をつなぐ場所にあるというその地理的メリットから、
「EUの工場」とオイルマネーの恩恵を受ける国として高い注目を集めています。
現在は、オイルマネーで潤っている中東が、インフラをトルコに発注しており、
隣国の経済が好調であることで、トルコにもお金が入ってきています。

また、外国企業が積極的に進出ており、日本の企業の中では、トヨタが積極的に進出していますので、
トヨタ関連の部品メーカーも同じようにトルコへ直接投資をしています。
トルコ政府はEUに加盟する方針を打ち出しており、これに向けて様々な制度の整備が進むことで、
海外からの投資が大幅に増加し、さらなる成長が可能となります。
EU加盟の前提である「コペンハーゲン基準」をクリアするために、民主化、市場機能の強化を進行中です。

コペンハーゲン基準








 貴金属などの天然資源が豊富
トルコは、石炭、クロム、鉄、銅、ボーキサイト、大理石、硫黄などを産出します。
大理石や硫黄は、トルコ以外の国ではほとんど取れないので、貴重な資源を保有していると言えます。

トルコでは、オスマントルコ時代から金が人気で、トルコ人は豊かになると金を購入します。
インドも、豊作の年の秋に金を購入する習慣が昔からあり、
所得が増えると金を買うという行動が似ていますね。
ちなみに、インドの場合は、トルコ人のように金が好きだからというのではなく、
国のお金よりも金の方が価値が下がらない(信用がある)という理由で、そういう習慣があります。
金がお金の代わりになっていたんですね。
ちなみに、トルコでは投資用よりもアクセサリー用の金の需要が伸びています。
2002年には約100トンだったアクセサリー用の需要が、2005年には倍の約200トンに増えています。
日本では、金のアクセサリーは年配の人がつけるというイメージがありますが、
トルコでは若い人にも金が人気があるのでしょうか。
トルコの人と話す機会があれば、聞いてみたいと思います。

 経済が落ち着きつつあります
2001年には50%を超えていたインフレ率も低下し、経済は落ち着きを取り戻しています。
また、財政収支の赤字も改善されています。
国の経済成長期には、銀行業が重要な役割を果たします。
トルコの銀行セクターは、市場の乱高下と景気後退局面の中、劇的に健全性が改善されました。
現在では、安定した支払い能力や流動性、資本比率を有しており、
今後の経済成長を支える存在となりそうです。
国・地域名  トルコ共和国
面積  77万4,815平方キロメートル
人口  6,784万5,000人(2000年国勢調査結果、国家統計局)
首都  アンカラ 人口400万7,860人(2000年国勢調査結果、国家統計局)
民族  トルコ人(南東部を中心に多数のクルド人、その他アルメニア人、
 ギリシャ人、ユダヤ人等)
言語  トルコ語(ウラル・アルタイ語系)
宗教  イスラム教(スンニ派、アレヴィー派)が99%を占める。
 その他は、ギリシャ正教徒、アルメニア正教徒、ユダヤ教徒など
通貨  トルコリラ
ホーム
ベトナム経済
チャイナ・リスクを分散し、ベトナムへ進出する世界の企業

WTO加盟は、貿易促進&所得UPの効果あり

ベトナムの成長率は、中国・インドに負けていない!

世界の工場になる条件、安価な労働力は魅力的

教育水準が高いのは、経済が成長する条件の一つ
EU加盟を通じて、成長が期待されるトルコ

【 ベトナム株の掟 】 〜新興国投資に挑戦しよう!〜