×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

世界中から注目が集まる
ドバイに投資できます。
長期投資で経済成長の
恩恵を受けたいですね。
現地視察☆ベトナムを見る
投資・お金に関するサイト・ブログ
なげやり的中国株対決!
右往左往!エマージング投資日記
アジア投資をめぐる旅
ハッチーの中国株日誌
ちふ的株日記
eワラント辛口ポイント
ネコでも分かるCFD取引
次世代の有力新興国、VISTA
ベトナム株投資に役立つ知識
日本とベトナムの関係
 対日輸出 44億1,120万ドル
 対日輸入 40億9,300万ドル
 (2005年)

 日本企業のベトナムへの
 投資件数&投資額
 投資件数 600件
 投資額 62億8,970万ドル
 (88年〜2005年の認可累計)

 日系企業進出状況
 企業数 555社
 キャノン、松下、ホンダ、
 トヨタ、富士通、日本電産、
 三洋、マブチモーターなど
お問い合わせフォーム
ご意見・取材申し込みなどは
こちらからお気軽にどうぞ
2005年 ベトナム経済指標
 
 実質GDP成長率 8.4%
 名目GDP 528億3,204億ドル
 一人あたりGDP 617.8ドル
 消費者物価上昇率 8.4%
 失業率 5.3%
 経常収支 2億1,700万ドル
 貿易収支 -8億3,800万ドル
 輸出額 324億4,190万ドル
 輸入額 369億7,800万ドル
■2007/10/1
ヤフー企画・月刊チャージャー10月号の「ビギナーの投資初体験を専門家が検証する」で
投資について解説しています
■2007/9/19
投資家として
取材を受け、
¥en.SPA!
掲載されました
■2007/9/1
ヤフー企画・月刊チャージャー9月号の「サラリーマンにとって投資とは?!」で投資について解説しています
■2007/6/4
投資家として
eワラントについて
取材を受け、
¥en.SPA!に掲載されました
■2007/3/23
WBS(テレビ東京)の新興国
特集で、セミナーの参加者と
してインタビューを受け、
コメントがVTRで流れました
■2007/3/16
中日新聞から、起業家として
ライブドア事件の判決への意見を求められ、掲載されました
過去の雑誌掲載
AERA



過去のマスコミ掲載歴はこちら
ベトナム情報サイト
 ・ニュース系
 HOTNAM!- ニュース
 VIETJO
 Yahoo!ニュース - ベトナム
 MSN - 為替レート

 ・資料系
 外務省 - ベトナム
 総務省統計局統計所
 ジェトロ - ベトナム
 The World Bank - ベトナム
ベトナムPHOTO


ベトナムの写真をもっと見る
マスコミ掲載歴
まずはここから、ベトナムの色々
   ポストBRICsの最有力候補「VISTA」は、ベトナム、インドネシア、南アフリカ共和国、トルコ、アルゼンチンを指します。
   世界の工場として急速に発展している中国と同じように、今度はベトナムが第2の世界の工場になりつつあります。
   新興国投資に興味のある方も、既にベトナム株に投資をしている方も、楽しくベトナム株を学びましょう♪
   You are
   Welcom!


当サイトは情報提供が目的であり一部主観及び意見が含まれている場合があります。当サイトの情報に基づいて被ったいかなる
損害についても一切の責任を負いかねます。投資判断は他の資料なども参考にしてご自身でなされるようにお願いします。
当サイトの内容の無断転載・使用は禁止いたしております。/Copyright (c) ベトナム株の掟 2007 All rights reserved

新興国として注目を浴びているベトナムについて解説します。
 ベトナムってどんな国
ベトナムの基本情報、人口から文化までさらっと押さえよう
社会主義=独裁?「正しい」社会主義はベトナムに!
10分で分かる!投資する前に知っておきたいベトナムの歴史
どん底からの試み、世界から評価されるドイモイ政策
 ベトナム経済
チャイナ・リスクを分散し、ベトナムへ進出する世界の企業
WTO加盟は、貿易促進&所得UPの効果あり
ベトナムの成長率は、中国・インドに負けていない!

世界の工場になる条件、安価な労働力は魅力的
教育水準が高いのは、経済が成長する条件の一つ

2007年5月下旬にベトナムへ行き、発展の様子を確かめてきました。
ベトナム株に興味のある方は、7・8・9・12・16は気になるところです。
1.ベトナム空港に到着
2.ホテルで衝撃の事実が・・・!
3.スコールに足止めされて
4.ルンルン♪朝ごはん
5.カッパを着れば平気です
6.喫茶店のケーキで一服、一休み
7.証券取引センターで大興奮!
8.BSC証券には人、人、人
9.相場が終わった後のSSI証券
10.夕飯にはベトナム焼酎が登場
11.国営デパートでショッピング
12.ビナミルクの牛乳を発見!
13.ポッキーは日本の半額です
14.adidasショップとベトナム雑貨
15.ベトナムの街の様子
16.昔の日本のような開発予定地


BRICsに続く、有力5カ国VISTA総まとめ
経済が順調に回復しているインドネシア
アパルトヘイト撤廃で経済規模が拡大する南アフリカ
EU加盟を通じて、成長が期待されるトルコ
雇用環境と生活水準が向上しているアルゼンチン

企業が大成長する過程を見れるのは新興国投資の楽しみの一つです。
 ベトナム株の基本
ベトナム株はホーチミン&ハノイ証券取引センターで売買される
ベトナム株ってどうやって投資をするの?
いざ投資!ベトナム株式市場の売買ルールを覚えよう
指値?それとも、成行?状況に応じた取引方法を知っておこう
「これってどうなる?」ベトナム株式市場の疑問を解決
 銘柄選びのコツ
ポイントを絞って、成長する企業を探そう
焦って買う前に、財務状態をチェックして、割安な銘柄を見つけよう
重要!新興国投資をする時は、通貨の強くなる国を選ぶ
 ベトナム株ファンド
投資信託は、少額投資&手軽さが魅力的
難しい目論見書は、この3つをチェックすれば大丈夫
エマージング市場に投資する時の注意点
投資信託の税金について知りたい
 ベトナムの各業界
銀行業界
アジア株式商業銀行、サイゴン商信株式商業銀行
保険業界
バオミン保険株式総公社
不動産業界
ソンダ工業団地・都市投資開発株式会社
タンタオ工業団地株式会社、ホーチミン市インフラ投資社
電力業界
ファーライ火力発電株式会社、ヴィンソン−ソンヒン水力発電株式会社
第2リニン水力発電株式会社
石油・ガス業界
ペトロリメックスガス株式会社、資材・石油株式会社
飲料業界
ベトナム乳業株式会社、チベコ飲料株式会社
製菓業界
キンド食品株式会社、ビエンホア製菓株式会社


【 ベトナム株の掟 】 〜新興国投資に挑戦しよう!〜